しむらのいろ 志村ふくみ 志村洋子

しむらのいろ 志村ふくみ 志村洋子

しむらのいろ 志村ふくみ 志村洋子

しむらのいろ 志村ふくみ 志村洋子

お知らせ

「裂絵による 蒼穹潭  絵:柄澤 齊/裂:志村洋子」

会場=GALLERY FUKUMI SHIMURA
会期=2013年11月16日(土)-12月1日(日)
11:00-18:00 月曜休廊

IMG_1114

 

裂絵(きれえ)は紬の裂を切り抜き、そこに別の紬の裂を象眼(ぞうがん)して創ります。

植物染料で染められ、織られた紬をトリミングすると、その微妙な色合いに、空や大地、季節を感じさせる気象のうつろいを見立てることができます。その見立てに人物や動植物、さらには人工物などの象(かたち)を象眼し、これまでにはなかった絵画的世界を生み出す技法を私たちは裂絵と名付けました。
本展「蒼穹潭(そうきゅうたん)」の作品は、紬の色彩に具体的なかたちを与え、作品それぞれに託された物語と詩情を目で読んでもらおうとの試みです。
20点余りの全作品を裂絵で構成します。初の試みをご高覧くだされば幸いです。

 

002

 

003_01

お知らせ一覧を見る