2017.03.02

志村 洋子 講演会お知らせ『色と光 こころでつむぐ染織の世界』

 

3月18日、朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾 横浜教室にて

志村洋子が講演を行います。

 

 

ce7cf671-2e2e-45f7-676e-580ad3f5df34shimura-yoko1

 

 

 

 

絹糸をつむぎ、草木の自然染料で染め、機(はた)にかけ、織り上げる-。

 

植物の命の色を取り出すからには、同じ色は二度となく、

織る者の魂で織るからには、けっして同じ織物にはならない。

 

だからこそ、美しいものをつくりたい。

 

それぞれの美への情熱は、母から娘へ、娘から母へ。

 

互いに影響を与え合いながら、京都・嵯峨で創作を続けています。

古来より、光と自然、そこに息づく植物と人間との、

かけがえのない共同作業だという染織の仕事。

 

日常と非日常のあわいで続けられる作業、

そこから見えてくる景色をめぐって話します。

 

 

 

 

【色と光 こころでつむぐ染織の世界】

日時:2017年3月18日(土) 13:00~14:30

会場:朝日カルチャーセンター、朝日JTB・交流文化塾 横浜教室

   横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜8階

料金:会員 3,024円  一般3,672円

 

※講座内容・お申し込み方法などの詳細は、

朝日カルチャーセンターのホームページをご覧ください。

 

 

朝日カルチャー

 

 


2017.02.23

子どもたちが授業で染めた袱紗布を展示いたします『立命館小学校 芸術作品展』

2月24日(金)~26日(日)まで立命館大学朱雀キャンパスにて開催される『立命館小学校 芸術作品展』

 

1~6年生児童全員、1人につき絵画作品1点と陶芸作品1点ずつ出展するこの作品展。

今年度から始まったしむらの草木染め授業『ひみつの色の教室』で4年生が制作した『草木染作品』も展示されます。

授業の様子は先日ブログにアップしました。

https://shimuranoiro.com/blog/1634/

 

子どもたちが肌で感じて、心でみた色、

皆さまもどうぞご覧くださいませ。

ポスター


2016.10.22

セタビPodcasthingで志村洋子インタビュー

 

世田谷美術館で開催中の企画展「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰」では、

後期展示が始まっています。

 

若松英輔さんの講演会が開かれた10月16日に、志村洋子が世田谷美術館で

インタビューを受けました。その音声が、セタビPodcasthingで公開されて

います。

 

【セタビPodcasting Vol.47(「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰」展に

関連した音声コンテンツ)】(セタビブログ2016年10月19日)

 

展覧会は11月6日日曜日までです。
ぜひ足をお運び下さいませ。

 

web0-1

ワークショップで染めた世田谷美術館のシンボルツリー オオクヌギの木


2016.10.13

10月16日「志村ふくみ―母衣への回帰」展関連企画 

若松英輔さん講演会開催

 

「志村ふくみ―母衣への回帰」展関連企画として、10月16日14時から、若松英輔さんの講演会

「炎の霊性--志村ふくみと色彩の詩学」が開催されます。

入場は無料ですが、入場整理券が必要です。整理券は、当日12時から美術館エントランスホール

で配布します。詳しくは世田谷美術館ホームページへ。

 
日時
2016年10月16日(日)14:00-15:30
 
講師
若松英輔(批評家・随筆家)(敬称略)
 
会場
世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2)講堂
 
定員
140名(先着順、当日12:00より美術館エントランスホールにて整理券を配付します)
 
 
 

2016.09.03

展示販売会  アニマの衣 ~しむらのいろを纏う~

展示販売会「アニマの衣〜しむらのいろを纏う~」を開催中です。

二十数点のお着物や、反物、帯、小物等を展示しております。

是非この機会にご覧になってくださいませ。

 

会期 : 9月3日(土)10:00~17:00

     9月4日(日)10:00~17:00

会場 : 丸ビル ホール&コンファレンススクエア 8階 Room4

     〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル 

アクセス :  JR 東京駅 丸の内南口 徒歩1分

      地下鉄 丸の内線 東京駅 直結

      地下鉄 千代田線 二十橋前駅 直結

修image

修image_1


1234

先頭へ戻る