Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

講師ブログ 「日日」 にちにち

アーカイブ

「私が着る」を思い描いて

十月、からすうりが赤く色づく季節になりました。

アルスシムラでは、今、それぞれの修了制作・卒業制作にとりかかっています。

 

二階からきこえる機音は、いつもより少しさみしいですが、

一階の染め場や整経などの作業をする和室は、毎日熱気にあふれています。

 

染め場からは様々な染料の香りが漂い、色とりどりの糸が並びます。

 

(蘇芳)

 

 

(紅花)

 

桜や梅のやわらかいピンクと、ほのかに赤みのさしたグレー。

蘇芳の深紅、くさぎの空色、茜や紫根、紅花にくちなし。

あたたかみのある百日紅や栗の色。

 

着物の完成図を想像しながら、今この瞬間に出会った色に耳を澄まします。

 

 

和室では、染めた糸を木枠にあげ、機に経糸をかけるための”整経(せいけい)”や”経巻(たてまき)”の作業中。

 

 

 

集中する気持ちは糸にも伝わります。

 

二年生の中には、糸を括って色を染め分ける絣に挑戦する生徒さんもいます。

 

 

 

(上下共にくさぎ)

 

 

ひとりひとりが大切にあたためてきたテーマやイメージ。

本当に表現したいことは何か、何度も自問自答をくり返し、練り直し、

志村洋子先生を始め講師や時には仲間にも相談しながら、少しずつ力強く形になっていきます。

 

一本の白い糸がやがて着物となるまでの長い道のり、一日一日をつみ重ねていきます。

 

 

アルスシムラでは、ただいま生徒募集中です。

第一回締め切りは10月29日(月)となっております。

お申し込みはこちらのページをご覧ください。

みなさまのご応募をお待ちしております。

 

講師ブログ一覧を見る