Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

講師ブログ 「日日」 にちにち

アーカイブ

春の藍建て

5月15日葵祭の日。

今日はアルスシムラにとっても特別な日です。

 

 

アルスシムラ嵯峨校には、藍甕があり、

春と秋に藍建てを行っています。

 

藍建てとは、藍染を行うための準備のこと。

藍が建つと、藍染ができる状態になります。

 

アルスシムラの藍染は、都機工房の藍建ての思想に基づき、

新月のころに仕込みをして、

満月のころに染めができるように調子を整えていきます。

 

今日は、その新月なのです。

 

藍の葉を発酵させて作る、黒い土のような、すくも。

 

 

さらに石灰、灰汁、お酒。

これらをかき混ぜると、藍甕の中にまるで命のようななにかが宿ります。

私たちは藍さんと呼んで、日々その成長を見守ってゆきます。

 

藍建てを始めたら、その藍さんが寿命を迎えるときまで、

1日も欠かさず生徒さんと講師で見守り続けます。

今回の藍さんはどんな風に育ってゆくのでしょうか。

どんな色を見せてくれるのでしょうか。

 

 

楽しみ半分、心配半分、一喜一憂の日々の始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師ブログ一覧を見る