Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

Ars Shimura アルスシムラ

講師ブログ 「日日」 にちにち

アーカイブ

藍染め

 

 

梔子の花が香る五月、満月が近づく日。

 

皆に見守られながら「藍さん」の初染めをしました。

 

アルスシムラでは親しみを込めて藍のことを「藍さん」と呼んでいます。

 

神棚に祀る藍姫さまを、心をこめて染めます。

 

 

真っ白な絹糸が、漆黒の甕の中で静かに染まってゆきます。

 

甕から糸を引きあげた瞬間に現れる、あざやかなみどり色。

それはほんの一瞬で、写真にはおさまりません。

 

染められた糸は太陽の光にふれて、水で洗うと…

 

 

 

 

生徒さんからは、

「たくさん光をふくんで、輝くような色」

「エメラルドグリーンが洗うと沖合いの海の色に変わりました」

 

月の満ち欠けとともに、「藍さん」もゆっくり育ちます。

 

瑠璃紺、青藍、水縹、浅葱、露草色、甕覗

 

日本には、青をあらわす美しい色の名前が数多くあります。

 

今日はどんな青色に染まるのでしょう。

 

 

講師ブログ一覧を見る