2017.04.13

「心に宿る、植物神話の世界」

春らしいぽかぽかした日和がふえ、

なんだか心もふわっと軽くなる今日この頃。。

 

 

先日4月10日の夜、梅田蔦屋書店にて

そら植物園 代表の西畠清順さんと

洋子先生、昌司先生のトークショーが開催されました。

 

プラントハンターでもある西畠さんが遠い異国から運んでくださった

「砂漠のバラ」と呼ばれるかわいらしい植物を目の前にして、

工房で染めた中東の植物の色糸を手に取りながらのアットホームなひとときでした。

 

西畠さんと洋子先生の出会いからお話が始まり、

太陽の光と月の光が植物の色に与える影響の違い、

植物と人間の繋がり、世界の宗教や平和、

そして染織を通して体験する「命の流れ」。。

 

植物の命からその色を頂くことの奥深さをあらためて感じました。

 

世界の植物の秘めた色をもっと見てみたい!と新たな興味も沸きました。

unnamed

(参加者のみなさんとパチリ)

****************************

 

ワークショップのご案内 ※残席残りわずかです。

「アトリエシムラのストール染め―匂い立つ春の色と出会い―」

※ワークショップは終了いたしました。お越しくださった皆さまありがとうございました。

 

■日時:2017年4月15日

■第1回10:00~12:00/第2回14:00~16:00

■参加費 8,640円(税込・材料費込)

■場所:京都岡崎 蔦屋書店1階 岡崎公園側エントランス付近(屋外)

詳しくは、アトリエシムラのホームページをご覧ください。

 

 

hkr


一覧へ戻る

先頭へ戻る